5月17日「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」大規模集会のお知らせ

 3月にお知らせした「東京都青少年健全育成条例改正」問題は、いったんは継続審議となりましたが、また次の6月の都議会での審議が迫っています。そこで、この連絡会の顧問弁護士でもある山口貴士弁護士、ならびにこの問題に最初に声を上げた一人、藤本由香里(明治大学准順教授)さんが主催する緊急シンポジウムが下記に開催されることになりました。

『どうする!? どうなる? 都条例 ―― 非実在青少年とケータイ規制を考える』

主催:東京都青少年健全育成条例改正を考える会
代表:藤本由香里(明治大学准教授)
  :山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所)
協賛:全国同人誌即売会連絡会、MIAU
協力:コンテンツ文化研究会

日程:2010年5月17日(月曜日)
場所:豊島公会堂(東京都豊島区東池袋1-19-1 池袋駅東口下車 徒歩約5分)
   http://www.toshima-mirai.jp/center/a_koukai/
時間:18時00分(開場) 18時30分(開演)※全席自由。途中入退場も自由です。
閉会:21時00分(予定)
定員:800人
料金:入場無料ですが、当日カンパ箱を設置しますので、ご協力いただけると幸いです。

 先に継続審議となった東京都の青少年健全育成条例改正案ですが、現在関係各所での利害調整が行われており、6月中の成立、10月施行の可能性も考えられ、全く予断を許しません。この集会の翌日(5月18日)の東京都議会総務委員会において一定の方向性が明らかになると考えられます。本緊急シンポジウムは、法律の専門家や出版、同人、携帯電話などの各業界団体、子供を持つ親などの幅広い皆様から、都条例改正案についての実証的な発表を行っていただき、今後の冷静な議論への礎となることを目的とします。

 そのため、今回は単なるシンポジウム形式ではなく、パネラーの方々に加えて、業界関係者を含め、 次々といろんなひとがリレーして発言していく形式を取りたいと思います。作家・マンガ家さんなどの現場の方からのご発言もいただく予定です。

●出演者などは決まり次第、下記のサイトにて随時発表されます。
 ・山口弁護士のブログ http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/
 ・コンテンツ文化研究会 http://icc-japan.blogspot.com/

 このシンポジウムには、山口弁護士からの要請で、「全国同人誌即売会連絡会」世話人としてコミティア実行委員会代表・中村公彦も出演し、即売会主催者の立場から、業界全体での条例への取り組みや、対面販売を主体にする即売会の現状などをお話させてもらいます。

 私たち同人誌に関わる人間にとっても大事な問題であり、また、この問題を広く世間にアピールするためにも、多くの人にこのシンポジウムの内容を聞いてもらいたいと思います。
 多数のご来場をお待ちしております。